ポンタの日記トップ → オセアニア編 → メルボルンのメトロを堪能

メルボルンのメトロを堪能


メルボルンといえば、古い建物と新しい建物が共存する美しい街と感じるのはポンタだけだろうか?今回は街中を走る公共交通機関『メトロ』に焦点を当てて、この美しいメルボルンを解明してみよう。ちょっとコアな場所まで行きますぞぉ!あれ、メトロって……、メルボルンに地下鉄ってあったっけ?

古い建物と新しい建物の調和が美しい

写真はフリンダース駅前から見た光景。青空の下、セントポール大聖堂とバックのビルが自然に溶け込んでいるようだ。

ちなみに、フリンダース駅はオーストラリア初の鉄道路線の駅として1854年に誕生した。現在でもバリバリ主要駅として活躍中だが、ここにも地下鉄は無いなぁ。



斬新なデザインのビルが多いのもメルボルンの特徴

さて、このメルボルンは以前にも書いたけど『住みたい街ベスト10』の常連である。すなわち『落ち着いた街』『大人の街』である訳だが、意外と斬新な建物も多い。

実は『芸術が盛んな街』でもあり、ビルなんかにもナイスなデザインが採用されているのかもしれない。



路地裏アートも充実?

フリンダース駅近くで、一歩裏通りへ入ってもアートが満載だった。

といっても路地裏アートである。こんなのが許される(?)環境もメルボルンの魅力の1つ。



古い建物をカバーする近代的なビル

おっと、今回のテーマはメトロだったっけ?それでは駅に行ってみましょう。

セントラル駅(ショッピングセンター)の中から上を見上げてみた。古い建物を円錐形のガラスが覆っている。

この奇抜なデザインは黒川紀章さんによるもの。ガラス塔内側にあるレンガの塔は、ショットタワーといって19世紀の工場(鉛銃弾を製造する)だった。「この歴史的な建築物を保存して欲しい」との市長の希望を叶えるデザインなのである。



ホームの屋根だって凄いデザイン

このように、ビルだけではなく駅だってアートしちゃてるのがメルボルンなのだ。

中距離路線(大陸間鉄道)ターミナルの『サザンクロス駅』もモダンなデザインが面白い。屋根のモチーフは波だろうか?



ICカードはメルボルンでも普及か?

それではホームへ行ってみよう。まずは切符であるが、現在紙のものは存在しないようで、全て『myki(マイキー)』に置き換わってしまった。1日券的な使い方も出来るので、電車はもちろん、トラムやバスも使いたい放題です。

『Suica』や『PASMO』と同じなので我々には簡単だな。



新型電車
旧型電車

車体はこんな感じ。古いモノから新しいモノまで。明るいカラーリングが印象的ですな。実はこれが地下鉄(?)の正体で、地下区間は一部分のみである。

運転室に潜入

さぁ、これからは普通の人が入れない場所まで潜入します。さすがは鉄道会社の視察であります。

では、まずは到着したばかりの電車の運転室に入れてもらいましょうか。

優しい運転手が案内してくれるのだが、運転席に座らせてくれたり、1人1人写真まで撮ってくれる気前の良さ!日本では無理でしょうね。




本社に潜入

続いて訪れたのは本社(の一つ)。フリンダース通りにあるこのオフィスで、我々はメトロという会社についての説明を受けた。

うーん、セキュリティが甘〜い感じ。もちろん、メルボルンの鉄道がテロの標的にはならないだろうけど。



メトロの特徴

特徴を書くのが面倒なので、プレゼン時の映像をそのまま写真で掲載しちゃいます。興味のある人だけ訳してちょ〜だい。

その他に意外だったのが、メルボルンでは「州政府の行う入札によって鉄道会社を決める」との事。何年かに1度ではあるが、もし他に決まった場合は車両なんかの遺産はどうするのだろうか?



やはりメルボルンでも飛び込み自殺や事故はあるようで、メトロの自信作である『事故撲滅キャンペーン』のビデオを紹介しよう。

『Dumb Ways to Die』は直訳すると『馬鹿な死に方』だ。鉄道に関する部分は2分20秒頃から。かなりの人気動画となったが、可愛い曲やキャラクターとグロい内容とのギャップが面白いぞ!




それでは、次はもっと凄い場所へ行ってみよう。運行を管理する指令所『コントロールルーム』である。これは貴重な体験だ!

コリンズ通りにあるコントロールルームは普通のビルに入っている。日本の指令所はテロ防止の為に、場所を伏せるのが一般的だ。が、しかし、ビルの案内板には当たり前の様に記されているではないか。メルボルンは相当平和な街なんだな。

ホワイトボードで運行管理か?

さて、特別に中に入れてもらうと、ん?ホワイトボードで運行管理!?

日本ほどのハイテク指令所じゃないにせよ、それはウソであります。これは単なる連絡板かな。



これが本当の司令室

これがホントのコントロールルームだ!意外と狭いが、モニターが幾つもあって格好良い。

こんな場所で働くなんて、メルボルンじゃ相当エリートだな?



ダイヤグラムを作成
何をしてるか不明です

彼らは運行スケジュールを作って指示をしたり、運行状況を確認しながらしかめっ面になったりしている。オーストラリアにもこんなに真面目に働く人がいるとは驚きだ。


各路線の定時運転率

写真は各路線の瞬間定時運転率(適切な言葉か判りませんが)。特に事故が起こった訳ではないのだが、75%とはオーストラリアらしい。

スタッフ達も特に慌てた様子は無く慣れた感じ。ある意味良い国だ。



全路線の平均値

スタッフの目の前にあるモニターに表示されているのが、路線全体での定時運転率であろう。

約85%という数字は、100満点中の85点と考えれば悪いとは感じない。しかし、定時に対して何分遅れると『遅れ』と定義されるかは日本と異なるようだ。やはり良い国だ。



新しい司令室

実は現在の司令室は、近日中に新しいこちらの部屋へお引越し。という事で、新しい出来立てホヤホヤの司令室も見せてもらった。

少し部屋も広くなり、少しハイテクも導入されているらしい。きっと今頃は新しい部屋でバリバリと仕事をしている事でしょう。



司令室に行ったなら、次に行くのは車両整備工場しかない。サザンクロスから電車で1時間弱。『Craigieburn』駅には大きな工場があるらしい。ここも面白そうだぞ。

駅長室は極めて普通

ついでに『Craigieburn』駅の駅長室も覗いてみよう

ふーん、特に面白いモノは無いなぁ。でもナカナカ出来ない経験には違いない。



いよいよ整備工場へ

駅からタクシーに乗ること10分。今までよりちょっと厳しい警備があって、入口で立ち往生。おいおい、セキュリティ強化する場所違うだろ!

さて、ここが車両整備工場である。この美しい建物の中に車両が入っているのかぁ。周りは野生のカンガルーが走り回っていそうな荒野である。



整備を待つ電車達
ジャッキアップされる電車

中に入ると整備中の電車が並んでいる。この工場では古い車両を専門に整備しており、全部で4つ(だったかな?)の電車用ジャッキがあるという。右の写真ではジャッキが上がっているのが判る。

こうして、無事にメルボルンのメトロ視察ツアーを終えたのでした。メルボルンへ観光に行っても、普通には見る事の出来ない場所ばかり。貴重な体験でありました。


最後に1軒(?)のレストランをご紹介しましょう。メルボルンならではの、その名も『トラムカー・レストラン』だ。走るトラムの中でオシャレな食事が出来るのはメルボルンならでは。さぁ乗車してみよう!

トラムカーレストラン現れる

トラムカー・レストランの集合時間、各国からの観光客が着飾って現れる(もちろんカジュアルでもOK)。

非常に人気のトラムカー・レストランは要予約。なかなかチャンスが無かったので、ポンタも始めての体験である。

さぁトラムがやって来たようだ。その人気の秘密を探ってみよう!



トラムの側面にはレストランの表示

側面にはレストランの文字。行き先表示だってレストランだ。

気になる料金はアーリーディナー3コース(1時間30分)が77ドル、レイトディナー5コース(3時間)が121ドル(平日)とはっきり言って高い。今回はもちろんレイトディナー5コースだぁ!



内装は素敵なクラッシック調

このトラムはレストラン使用に改造してあって、内装もクラッシックなスタイル。もちろん綺麗に掃除されたトイレも完備しているぞ。

中で働くスタッフも愉快で、我々を楽しませてくれる。料金が高くても人気がある訳だ!



飲み放題が最高に嬉しい

上の写真はオードブル。美味しいのだが、あまり食べない方が良い。なぜなら、豪華なディナーがたらふく食べられるからだ!オーストラリアらしくカンガルーの肉も選べるぞ。

何よりポンタにとって嬉しいのは飲み放題!オードブルと共にサーブされるオーストラリアのスパークリングワインでも、赤白ワイン、カクテル、もちろんビールだって……。種類も豊富だし、最高じゃないか!


やはりトラムカーレストランは満足度が高い。ポンタも次の日は二日酔いで辛かったが、楽しい思い出となった。皆さんもトラムカーレストランを楽しむ為にメルボルンへ行こう!特にハネムーナーにお薦めかな。



ポンタの日記トップ → オセアニア編 → メルボルンのメトロを堪能