ポンタの日記トップ → アジア編 → 台北でマッサージ三昧!

台北でマッサージ三昧!


高い場所にはとりあえず行ってみるポンタです

与那国島からわずか100キロちょっとの台湾は個人的にも大好きだ。観光だけに限らず、B級グルメやマッサージの為に行ったって十分楽しめるのだ!

右は2007年まで世界一の超高層ビルであった『台北101』。高さは509メートルで、名前の由来である101階建てである。

『バカは高い所が好き』なんて言うけれど、ポンタも当然好きなのです。では、早速観光からスタートじゃ!



眼下に見える建物だってそれなりに高いビルなのに!

中に入るとショッピングモールが広がっており、エスカレーターで5階へ行くと、そこが展望台への入口だ。チケットを購入し、セキュリティーチェックを受けたらエレベーターで89階へ。このエレベーターが東芝製であり、世界最速の1000メートル/秒以上で駆け上がるのだ(ご立派!)。

上からの景色はこんな感じ。下に見えるのも何とビル群!何だか車がゴマの様に見える。ガラスには雲がぶつかり水滴がついていたのがビックリだった。



お宝拝見『故宮博物院』

台湾の代表的な観光地といえばココ、『故宮博物院』である。67万点にも及ぶ所蔵品を全部見るのは不可能なので、見たい物だけを見る様にしよう。

残念ながら館内の写真撮影は禁止なので、有名な『翠玉白菜』や『肉形石』などの彫刻は他のホームページでも見て下され。



リュウザン寺で安産祈願

台北で最も古く、そして有名な寺が『龍山寺』。ココには神様や仏様もウジャウジャいるらしく、健康や金運はもちろん、学業、出世、恋愛、子宝……と何にでも効く万能なお寺なのである。

「絶対にご利益がある!」とのガイドの言葉を信じて、ポンタも行く度に子宝や安産やらをお願いし、その後無事に2人の子供を授かったのは龍山寺のお陰だろうか?しかし、龍山(リュウザン)寺で安産祈願とは、ちょっと不安になったポンタでした。ちなみに、今回は年末ジャンボの高額当選を祈願してきたぞ!



龍の爪の数って?

中国で龍といえば、もちろん重要なシンボルである。この龍の爪の数には意味があるのは知っているだろうか?

爪の数は格式を示しており、皇帝用の龍の爪は5本、お寺なども若干レベルが高く4本、そして庶民が使ってよい龍の爪の数は3本という決まりがあるのだ。龍を見たら爪の数を数えてみるのも面白い。



台湾発のレストランといえばココですよ

台湾でもお薦めのB級グルメだが、A級グルメだって試したい。台湾といえばお馴染み『鼎泰豊(ディンタイフォン)』は、ニューヨーク・タイムズ紙で世界10大レストランとして掲載された事でも有名だ。

この店の看板メニューは何と言っても小籠包。熱々の肉汁が口の中で広がる感動を味わってみよう。



顔でスタッフを採っている?

社員はきっと顔で採用されている。若い清楚風な女性ばっかりが働いているのも素敵です。以前に聞いた話では、彼女達のボーナスは何と50ヶ月分とか!さすがに嘘だと思うけど、店舗数も増えて儲かってるのは確かなようだ。



これが噂の小籠包だ!
小籠包より美味いチャーハンです!

左の写真が噂の小籠包。タレを付けたら口の中が火傷しないようにレンゲの上に乗せる。さらに細切りの生姜を乗せて食せば、口の中は肉汁の洪水で溺れてしまいそう!?ところが、更に美味しかったのが黄金色のチャーハンである。日本を初め海外でも支店を増やしている鼎泰豊だが、完全なレシピは伝えてないとの事。ぜひ台湾まで足を伸ばして行く価値アリなのです。


巨大な中正紀念堂

腹が満たされれば再び観光へ。『中正紀念堂』は元総統である蒋介石の追悼の意を込め建造され、1980年に完成した。「中正」とは蒋介石の事であり、2007年には政権交代によって名称の変更やら、有名な衛兵交代が無くなったが2009年には復活している。

さて、70メートルの巨大な建物の中へ入ってみよう!



台湾名物の衛兵交代
コミカルな動きで交代式

1階は蒋介石ゆかりの物が展示されている。2階へ行くと蒋介石の巨大なブロンズ像が展示してあり、ここで衛兵交代が行われているのだが、英国のような格好良い交代ではなくコミカルな動きが面白い。この衛兵交代は忠烈祠でも見られるが、彼らは兵士の中でも精鋭中の精鋭で瞬きすらしない(!?)とも言われている。時折、写真を撮るオバちゃん達が触れたりすると、威嚇して銃を地面に叩きつける事があり面白い。

ライトアップも綺麗です

中正紀念堂の正面には巨大な門があって、イベントなんかも行われる広場の入口になっている。

夜になるとライトアップしてこんなに綺麗。現地の恋人達もイチャイチャしておりました。




街中にあふれるマッサージの店

アジアといえばやはりマッサージでしょ!今回はガイドブックに載っていた『SIN SIN』に行ってみたが、個人的にはどこでも良いと思う。安いんだし近くの店で気軽に楽しもう!

さて、全力で仕事をして(!?)疲れ果てた同僚達と入店です。



薬草の湯に足を浸す

5人で予約無しでも問題無し!最初の薬草浴の間に次々とマッサージ師が現れた。他の店舗からの助っ人なのだろうか?

この日は基本の足裏マッサージにしてみたぞ。



同僚達と極楽〜!

いやぁ、極楽です。「胃が悪いですね」と言われたものの、「いや、全然……」とも言えず、「そうですかぁ」と答えるポンタ。気持ち良ければ何でもいいんです。

ところで、気持ち良くて寝てします事も多いけど、寝ない方がマッサージの効果があるらしい。寝てる間は奴らもサボってるかもしれないしなぁ。



ココにもあったダイソー

親日家が多い事でも知られる台湾。明らかに中国本土の人達とは違うのが分かる。街を歩けばファミリーマートやモスバーガーなどもあり、日本人にも抵抗が無く歩けそう。

ダイソーだってこの通り!『39元均一』をうたっているが、1台湾ドルは約3円だからやっぱり100円均一ですな!



絵が動く!信号機なのです

街を歩いていて目に付くのが信号機。今でこそ残り時間を表す信号が各国に出現したけど、『元祖?アニメーション信号機』があるのもココ台湾。上の数字がカウントダウンしていき、下の歩行者が歩いている。残り数秒になると下の歩行者はすごい勢いで走るのだ!

こんな信号機が出来るのもLEDのお陰。さすが電脳街だと思いきや、点灯してないLEDも多いのがご愛嬌。全部切れたら交通麻痺ですな。



台北のアメ横である

夜は台湾名物の夜市が面白い。中でも士林の夜市は規模も大きく『台湾のアメ横』って感じだろうか。

細い通りに小さい店がたくさん集まっており、B級グルメはもちろん、小物や偽物などを買う人々で賑わっている。



若者に大人気のタピオカミルクティー

最近の若者に人気なのがタピオカミルクティー。甘いミルクティーとタピオカの組み合わせは何ともお洒落(?)なのだ!

太めのストローから口の中に入ってくる黒いタピオカの感触は癖になる。日本でもブーム間違い無し(古っ!)だな。



これぞアジアの活気です

屋内の屋台市場はすごい熱気。正直何だか解らない食べ物も多いのだが、とても美味しそうなのだ!値段はとても安いので是非チャレンジしたい。

なお、腹痛等のクレームにつきましては当ホームページは一切責任を取りませんので、自己責任でお願いします。それにしてもココで働く人々は鼎泰豊のスタッフとは違って……。



看板全てが麺、麺、麺!
ぜひ食べたい牛肉麺

麺コーナーでは牛肉麺がお薦めだ。日本のラーメンとは違ったクセのある香りが病みつきになる。肉も柔らかくって素敵〜!150元位あれば食べれるぞ!


すごい存在感を持つ圓山大飯店

台北に泊まるなら、近代的なホテルよりも『圓山大飯店』がお薦め。山の中腹に建つこの巨大な建造物は、もともと1952年に政府の迎賓館として誕生。朱色の外観が普通のホテルでない存在感をかもし出しているのだ。

ちょっと街中より離れるものの、そんな事はどうでも良くなる事請け合いの豪華さですぞ〜。



ロビーに入っても凄いんです

ロビーに入れば更にビックリ。自分が国賓になったと錯覚してしまう様なレッドカーペット。部屋やベランダも広くて眺望だって素晴らしいぞ〜。

ちなみに、右の写真は2月に撮ったもの。春節後とあって灯篭も飾ってあった。旧正月を台湾で味わうのも楽しいかもしれない。



宴会場の前は美女スタッフがずらり

圓山大飯店の最上階(だったかな?)には巨大なバンケットルームがある。こんな豪華なホテルだって金さえあればバンケットを貸し切れるのだ!

宴会スタート時には給仕のスタッフがいっせいに並ぶ。さて、どの娘にしようかな(違うか!)。



超お薦めの角質削り

そして、今夜だってもちろんマッサージである。ポンタはカカトのひび割れが凄いので、今回は角質削りと足裏マッサージのダブルヘッダーにしよう。

ナイフを片手に慣れた手つきで角質を削っていく。全然痛くないので、ポンタのようなひどいヒビ割れカカトを持つ人にも超お薦めなのです。



さすがポンタ、角質も美しい?

思わず削りカスを記念撮影。あまり美しいモノではないので、見たい人だけにお見せしましょう。さぁ、写真をクリックしてみよう!



あんたいったい誰なのさ?

そして再び足裏マッサージ。左側の男性が時折現れては交代し、メッチャ強い力で押してくる。「いでぇ〜」の絶叫を聞いてはニヤニヤして去って行く変態でした。

気合が入りすぎて右手で自分の顔を隠してますけど〜。



そんな訳で、こんなに楽しいマッサージ。この店は角質削り、足裏マッサージ(40分)共に600元と日本に比べて格安だ!さぁ、台湾に行ってマッサージ三昧の日々を過ごそうじゃないか!



ポンタの日記トップ → アジア編 → 台北でマッサージ三昧!