ポンタの日記トップ → アジア編 → 次の週末は韓国で散歩!

次の週末は韓国で散歩!


何で京都弁?の景福宮

国内旅行って意外と高い。家計も苦しい今、格安の韓国ツアーは如何だろうか?

1万円台からツアーはあるので、国内で旅館に泊まるより断然安い。別に無理して観光地を巡る必要も無いんだから、食べ歩きやマッサージなど、気ままにソウルの散歩に出掛けよう!



韓国国民に衝撃が走った映像

まずは南大門周辺を攻めていこう。南大門(崇礼門)は韓国の国宝第一号だったが、2008年2月に男がシンナーを撒いて放火。全焼の映像は韓国の国民に衝撃を与えた。

ちなみに、犯人は2006年にも放火歴があり執行猶予中であった。この事件で懲役10年が宣告されている。



2009年2月の南大門
2010年6月の南大門


嬉しいニュースもある。左の写真は2009年2月、右は2010年6月の南大門の様子だが、2012年には元通りに復元されるのだ!

何でも揃うぞ南大門市場!

南大門から道を隔てて南大門市場がある。買物しても、しなくても是非行ってみたい場所だ。

広い場内には所狭しと並ぶ屋台から、デパートまで何でもあり!商品だって海苔、キムチ、チョコレートはもちろん、何でも揃うぞ。



夜になると出没する屋台も楽しみの一つ

夜になれば、いつの間にか屋台がオープンしていて面白い。トッポギやおでん等…、はじから試してみてもいいかも。もちろん値段はリーズナボー!



露骨にコピー商品を売ってるのが南大門市場

進んでいる韓国とはいえ、やはりアジアである事はかわりない。店の奥に行けばコピー商品を扱う店も!

もちろん皆さんは買ってはいけません。見るだけにしておきましょう。



早い!安い!上手い!?のメガネ屋さん

南大門市場の中でよく見かけるのが眼鏡屋。20分位で出来上がるし、料金も日本の約半額!早い!安い!上手い!?とくれば、こりゃもう行くしかない。



街中にできた7ラックカジノ

市場で歩きつかれたら、カジノで座って無料のジュースを飲もう。ここセブンラック・カジノは2006年に開業。ミレニアム・ヒルトンと併設しており、南大門からも10分(ただし登り坂)だ。

しかし、ここで勝ったという話は一度も聞いた事がない……。



気の向くままに店に入ってみよう

カジノで興奮したらお腹も空いてくる。気軽に来れる韓国だから、あえて有名な店ではなく適当に入ってみよう!

ハングルは全く無理なポンタなので、日本語の看板に惹かれてこの店に決めた。コヒ(!)も無料だし。



ボロボロの日本語メニューはボッているのか?

店員との苦しい日本語の会話の末、ようやく日本語メニューが出てきた。韓流ブームに便乗してか、料金が全て書き換えられたボロボロのメニュー。足元見やがって!まぁいいさ、どうせ会社の金だ!

韓国料理の冒険は次回にして、今回は無難にラーメンとビールを選んでみた。



ヨン様と何の関係が?

店内の壁には意味も無くヨン様の写真が貼ってあるのがいやらしい。完全に日本人相手の商売か!

しかし、オバちゃん達の喜ぶ顔が目に浮かんでくる……。



レストランで衝撃のインスタントラーメンが!

間もなくして、運ばれて来たラーメンを見て驚いた。コ、コ、コレって、即席ラーメンでは?

そうです、韓国人は無類のインスタントラーメン好き。店で頼むと即席ラーメンが当たり前のように出て来るのだ。もちろん即席であってもキムチがちゃんと付いて来る。

インスタントラーメンに約600円も払うのはどうかと思ったが、ピーナツ、キムチが食べ放題を考えると素敵かも。もちろん味だって(それなりに)素晴らしい。ぜひ、韓国でインスタントラーメンを試してみよう!



お腹も膨れたならば、再び観光へ。南大門の後はやはり東大門でしょうか。少し離れているが、タクシーではなく地下鉄を乗りこなしてみよう。

ハイテク!切符の販売機
簡単に切符が買えました


一年以上ぶりの韓国だったが、ずいぶん地下鉄が綺麗になったようだ。切符も大型のスクリーンで日本語を選べば簡単に買える。保証金制度が判り難いかもしれないが、それにしても1000ウォンは安いね。

ホームや車内も素晴らしい変貌を遂げたようだ

ホームまで美しくなったようで、次の列車の情報なども判り易い。しかも、地下走行中の車内でも携帯のアンテナはバリバリ。おまけに日本語の車内放送まで!これも韓流ファンのオバちゃまのお陰かもしれない。カムサハムニダ!



アジアを感じる車内の売り子(非公式)

発展しているソウルでも、車内を物売りが練り歩いてるのはアジアを感じてしまう(もちろん非公式)。動きが早くてブレてしまったが、靴下を売っている写真。今年は見なかったので、もしかしたら車内販売が禁止になったかもしれない。う〜ん残念。



東大門はちゃんとあります

東大門はソウルを囲む城郭の門の一つとして1396年に完成した。本当の名前は興仁之門というが、当時は東西南北にそれぞれ門があり、東の位置にあったので東大門といわれている。



ソウルのホームレスは人目もはばからない

東大門の横で寝るホームレスの人達。手前の人なんかは路上に転がる死体のようだ。ホームレスであっても他人に遠慮しない。それが韓国スタイルなのかもしれない。

それにしても、こんな観光地なのに……。



200メートルも続く靴の市場

東大門周辺も面白い。南大門市場と異なり布系や靴の店が中心だ。靴の店は約200メートルも続いている。こんなにあったら何を選んでよいやら迷うばかりだ。



週末だけのソウルだから、夜もホテルでノンビリしている暇は無い。女性なら汗蒸幕などのエステ系、男性はマッサージなどのエロ系(?)もいいだろう。とにかく夜も外に繰り出そう。

ソウル駅周辺の様子

ソウル駅周辺も賑わっていて面白い。駅自体もガラス張りでモダンな感じだし、駅前広場には写真のようなアニメが映し出されるビルもある。

ちなみに、ソウル駅は韓国版新幹線であるKTXの発着駅。KTXはフランスのTGVがもとになっており最高時速は300km/hだ。ソウルと釜山を2時間45分で結んでいるので、時間があるならKTXの旅もいいかもしれない。



ロッテマートも面白いぞ

市場よりマトモな土産を買うならば、ソウル駅に隣接するロッテマートがお薦め。品揃えも豊富だし、市場よりも何となく安心だ。



普通に売られる朝鮮人参
みんな大好き韓国のインスタントラーメン


やはり文化を味わうなら食品コーナーに限る。野菜コーナーでは朝鮮人参も普通に売っているのが面白い。海苔コーナーには日本人が群がっているし、インスタントラーメンコーナーは相当な種類が袋や箱で売られていた。よっぽど好きなんだねぇ。

信長が持ち込んだ唐辛子によって、現在のように辛くなった説のあるキムチ。もちろんココにもたくさんの種類が売ってますよ〜。


お薦めのカムジャタン

夕食も直感で選ぶのがドキドキして楽しい。特にソウル駅周辺はレストラン(食堂って感じ)も多いので、とりあえず綺麗な店に飛び込んでみた。

今回は日本語メニューもなかったが、若い店員さんとボディーランゲージで何とか食事にありつけた。グラグラと沸騰するスープに入った骨付き肉は最高!後日これはカムジャタン(豚の骨付き肉スープ)と判明。ぜひ皆さんにも食べて欲しい一品です。



ミニストップもあるのだ

ホテルに戻る前に近くのコンビニで、夜の飲み物と朝食を買う。

最近では大手だけではなく、ミニストップもあるのだ。



安いぜマッコリ、強いぞ眞露

韓国ではぜひマッコリ眞露(ジンロ)を飲みたい。マッコリは甘くて微炭酸だから、どぶろくよりもカルピスサワーって感じで女性にも飲みやすい。パッケージも何だかカルピスを連想させます。眞露だって焼酎好きには違和感なく受け入れられる事だろう。共にコンビニでは150円位とカクヤスです。



人気のお菓子?ポンデギを発見

コンビニで見つけたサナギ(!)の缶詰。オエ〜ッ。でも怖い物見たさで購入。1300ウォンなり。

韓国ではサナギはポンデギといってスナック感覚で食べられる。特に映画を見ながらポップコーンのようにポリポリ食べるのが最高だとか。とりあえず土産として持ち帰り、いつの日か勇気が出たら食べる事にしよっと。



トマトジュースはフルーツジュースだった!?

コンビニのおにぎりは安い(700ウォンと100円しない)し種類が多いのだが、ハングルの為に具がわからない。サナギじゃないかとドキドキしながら買ってみたら美味かった。味は豚キムチだったり、辛い魚だったり。

そして韓国のトマトジュースは何と甘い!もちろんトマトの甘さではなく砂糖が入っているのだ。そう!韓国ではトマトはフルーツという認識なのだ。でもちょっと美味しいかも。




日本のオバちゃん達で賑わう明洞

次の日は朝から街へ繰り出そう。市場には飽きたから、ちょっとお洒落な街はどうだろう。

明洞(ミョンドン)はソウルきっての繁華街。ブランドや飲食店、化粧品屋が建ち並び、地元の若者や日本のオバちゃん達で賑わっている。日本では渋谷といったトコだろうか?



キムチチョコレートを試す

ふと入った土産屋で見つけたチョコレート。各国でチョコレートといえば定番のお土産だが、韓国のは強烈だ!

キムチチョコ海苔チョコ唐辛子チョコ、意味不明な冬のソナタチョコまでも!好奇心旺盛のポンタは当然購入です。ちなみに韓国の人はそんなの全然食べないとの事。味はピリ辛で悪くないのだが。



またまた出ました日本語メニュー

明洞ではBBクリームに群がる日本人を観察するのも楽しいし、カトリックの大聖堂でノンビリするのも良い。そして、腹が減ったら昼食だ。

今回入った店はチェーン店のようだが、人気の参鶏湯(サムゲタン)があったので注文してみた。そして、インスタントラーメンももう一度チャレンジ!しかも辛ラーメンだ。



癖になるインスタントラーメン

出てきた内容ははっきり言って2人前。店員も変な日本人だと思っただろう。

淡白なスープのサムゲタンと辛くて人気の辛ラーメン。キムチや何故かセロリまで付いてきた。何と贅沢ではないか。



美味いぞ!サムゲタン!

サムゲタンは内臓を処理した鳥に高麗人参、もち米、ニンニクなどの薬膳食材を入れて2〜3時間煮込んだもの。淡白ながら、鳥のダシやコラーゲン(?)がたっぷり出て美味しい。

韓国では夏バテ防止に食べるサムゲタン。日本での鰻と同じだ。汗を噴き出しながら鳥を丸ごとホクホク食べると即元気になる気がする。



全州中央会館の名物ビビンバ

有名店に行きたい方はビビンバ創始者の店は如何だろうか?

全州中央会館は明洞でも有名なビビンバ発祥の店。もともと全州にあった店で40年以上の歴史を持っている。ちなみに味はごく普通です。



考えてみたら買物と食事しかしていない。でも、日本でいつもと同じ週末を過ごすなら、ソウルまで足を伸ばしてもいいのでは?

スーツケースは絶対大き目がお薦め

今回買ったり貰ったりしたモノはこんなにたくさん。旅行のアドバイスをするならば、スーツケースは2泊でも大きめに。キムチや海苔はかさばるんだなぁ〜コレが!



ポンタの日記トップ → アジア編 → 次の週末は韓国で散歩!